身体の状態がおかしいと思ったら鬱かも?【診断でチェックしよう】

病気について詳しく知る

医師

年々増えてきている病気

鬱病は、厚生労働省が調べた結果によると、この病気を含んだ精神疾患を抱えている人が年々増えてきているといわれています。その中でも、鬱病を抱えている人の数が圧倒的に多く、現代の精神疾患を抱えている人の約3割は鬱病であるとされています。そのため、誰でもなりえる可能性があるという病気になってしまいました。鬱病は、できるだけ早めに治療を受けて改善していったほうがいいとされています。しかし、軽度の症状の時は、自分がまさか鬱病だというのがわからない人が多いので、気付かずに症状が悪化している状態に陥っていることもあります。このようなことを避けるには、少しでも鬱病に繋がるような症状が起こったら診断を受けてみるのがいいでしょう。診断を受けることで、早期発見・早期治療を行なえるので症状が酷くならない内に治せるようになります。

鬱かもと思う症状とは?

鬱病は、心に現れる症状が主に起こります。それは、無気力・睡眠不足・涙もろくなるなどといった症状です。これは、脳と心のバランスが悪くなっていることで精神的に辛い症状が起こってしまうのです。具体的にどういった症状になるのかといえば、今までのめり込むほど力を入れていた趣味に興味や関心が無くなった、仕事をやらないといけないのに行動に移せない、感情のコントロールができないなどといったことです。こういった状態が長く続く場合は、鬱病になっている可能性が高いです。また、肩こりが酷くなったり、頭痛やめまいが起こったりすることも鬱病の身体的な症状になるので要注意です。こういった症状が起こったら、鬱病かもしれないと思って診断を行なってみてください。診断を行なうことで、鬱病だったら軽度なのか、重度なのかを把握できます。ただ、どちらにしても専門のクリニックへ行って治療を受けたほうがいいでしょう。

早めに治療を

精神的に辛いのは今だけだと思ってしまい、鬱病が発症しているのに放置してしまう人がいます。ですが、診断して鬱病だという結果が出たのなら、すぐに専門のクリニックへ行くことをおすすめします。早めに治療を受ければ、症状を長引かせないようにできますし、治療期間も短縮できるので体への負担を最小限に抑えられるようになるでしょう。

男性

接し方がとても大切

身近な人が鬱病かもしれないという状態になったら、どう接したらいいかわからなくなってしまうでしょう。そういった時は、まず鬱診断を受けてもらいましょう。そして、鬱だとわかったら接し方に気をつけて付き合うようにします。

もっと見る

女性

自分で確認できる

鬱病になったかもしれないと思っても、なかなか病院へ行くことはできないでしょう。そういった時は、まず自己診断チェックを行なってみてください。ネットで簡単に行えます。

もっと見る

医師と患者

気をつけることとは?

鬱病になってしまうと、回復期という時期があります。この時期は、鬱病患者自身が治ったと思い込みやすい時期なので要注意しなければいけません。そのため、まだ治っていないと自覚させる為に診断を受けることをすすめるのがいいとされています。

もっと見る

婦人

症状の進行

診断した結果、鬱病だとわかったら今後どのように症状が進行していくのか気になるでしょう。鬱病は、心が大きく影響するので体的な症状よりも精神的な症状のほうが感じることが増えてきます。

もっと見る

To Top